地理情報

地理情報に関する機能について説明します。地理情報関連の機能の概要については、 地理情報編集機能 を参照してください。

地理情報の関連機能は、プリプロセッサーがアクティブな時に 「地理情報(E)」メニューから行えます。

設定できる地理情報の種類は、利用するソルバーによって異なります。 また、地理情報の種類によって、設定できるデータ型は異なります。

すべてのソルバで共通して利用できる種類として、「参照情報」があります。 「参照情報」は、格子にマッピングするための地理情報ではなく、参照情報 として表示することを目的としてインポート・作成するデータです。

例えば、道路中心線、官民境界線などは、「参照情報」として作成してください。

iRIC で扱える地理情報のデータ型には、現在以下の5種類があります。

  • 河川測量データ
  • 地勢データ
  • ポリゴン
  • 折れ線
  • ラスターデータ

上記の5種類で共通して行える操作については 共通機能 を、個別のデータ型ごとに行える操作については 河川測量データ編集機能ラスターデータ編集機能 を参照してください。

地理情報のインポートとエクスポートについては、 地理情報 (E)地理情報 (E) を参照してください。